ティーコジーで実験!

f:id:penglan:20170608131933j:plain

ティーコジーを使うと、おいしい紅茶が淹れられる?

紅茶をしっかり保温してくれるティーコジーですが、実際使うとどれくらい違いが出るのか試してみました!

 

高い温度で蒸らすのがポイント

 

紅茶をおいしく入れるコツは、蒸らし時間の間も出来るだけ温度を下げないことです。

沢山空気の入った新鮮な水を沸騰させ、95℃くらいの温度を保ちながら蒸らすと、茶葉が上下に踊りだします。これをジャンピングと言います。

ジャンピングが起こると、茶葉が開き、茶葉の香りがしっかりと立ちます。

 

このジャンピングですが、意外と難しい・・・

しっかり沸騰させていても、ポットが冷たければすぐに冷めてしまうし、先にポットを温めていても、寒い時期だとあっという間に温度が下がってしまいます。

 

そんな時に便利なのが、ティーコジー&ポットマットです。

この2つのアイテムがあれば、簡単においしい紅茶を淹れられます。

f:id:penglan:20170608132113j:plain

上の写真は、左が保温アイテム無しで淹れた紅茶右がティーコジー&ポットマット使用の紅茶です。

両方、保温アイテム以外は全く同じ条件で淹れています。ポットとカップを温めておいて、沸騰したてのお湯で茶葉を3分蒸らしました。

 

【カップに紅茶を淹れた直後の温度、色、香り、味】の比較

左:72℃。色はほぼ同じ。香りは最初はいい感じでしたが、だんだん香りに渋みが。淹れたてはそれほど感じませんでしたが、冷めると一気に渋みが。

右:80℃。色はほぼ同じ。左より香りが丸い感じで、冷めてからはこちらのほうが断然いい香り。味も左よりとがった感じがなくて、冷めてもおいしい。

 

個人的には、少し冷め始めてからの違いがあまりにもはっきりしていて、すこし驚きでした。

「のせて、被せる」だけの簡単なひと手間で、いつもの紅茶がもっと美味しくなります。皆さまも是非試してみてください!

 

 

広告を非表示にする