読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Polly put the kettle on マザーグースより

Polly put the kettle on,

Polly put the kettle on,

Polly put the kettle on,

We'll all have tea.

 

Sukey take it off again,

Sukey take it off again,

Sukey take it off again,

They've all gone away.

 

ポーリーやかんをかけてね

さあ、お茶にしましょう

 

スーキーやかんをおろしてね

みんな帰ったわよ

 

 

 

もともと、インドや中国で親しまれていた紅茶がイギリスへ渡ったのは17世紀。大航海時代に設立された、東インド会社によってもたらされました。

紅茶ブームは瞬く間にイギリス国内に広がり、王侯貴族はもちろんのこと、18世紀には庶民の間でもお茶の時間が習慣化されていきました。

 

さて、大航海時代の貿易のお話もとても面白いのですが、今回は日常の風景に溶け込んでいったお茶の文化を、違った視点から見ていきたいと思います。

 

続きを読む

ショートブレッドとイギリス式ショートケーキ

 

イギリス菓子かんたんレシピ第2回は、スコーンに並ぶイギリスの代表的なお菓子、ショートブレッドです。(★レシピは記事後半)

 

 

ショートブレッドといえば、Walker社のものが有名かと思います。最近ではコンビニやスーパーでも、あの赤いタータンチェックをよく目にしますよね。

f:id:penglan:20170518132622p:plain

イギリスのホテルでは、たいてい何種かのティーバッグとショートブレッドがお部屋に置いてあります。上の写真は、ロンドンからコーンウォールへの夜行列車の朝食で、サンドイッチ、紅茶にやはりショートブレッドがついています。

 

イギリス菓子の中でも1,2を争うほど簡単につくれるお菓子ですが、これがまた紅茶に合う!紅茶にはクッキー派の方も、一度ショートブレッドを紅茶のお供につくってみてください。

熱い紅茶を淹れたら、カップ&ソーサーにショートブレッド、あとは陽の当たる窓辺に座りましょう。とても手軽に贅沢な時間を味わえます。

 

 

それでは、そんな紅茶と黄金コンビのショートブレッドのご紹介をしていきたいと思います。

 

 

続きを読む

英国菓子 レシピアーカイブズ

  

ブログでご紹介したレシピは、今後こちらのページでアーカイブとしてまとめていこうと思います。

 

続きを読む

イングリッシュスコーン

紅茶関連の商品を扱うPENGLANですが、ティータイムに欠かせないのは何といってもあまーいお菓子ですよね!

 

PENGLANでは、ティータイムの気分を盛り上げてくれるイギリスのお菓子をご紹介していきたいと思います。イギリス菓子かんたんレシピ

 

記念すべき第一回は、イギリスのお菓子の代表「イングリッシュスコーン」です。(★レシピは記事後半)

f:id:penglan:20170511152559j:plain

 

続きを読む

CAKE STAND & TEA COZY

GWはいかがお過ごしですか?

 

 

今日はTea Cozy Rabbitケーキスタンドのご紹介です。

f:id:penglan:20170507094416j:plain

続きを読む

あおぞら市 ご来店ありがとうございました

f:id:penglan:20170503195738j:plain

 

ウェルネスパークあおぞら市、無事終了しました。

一日いいお天気で、青い芝生が気持ちよかったです。

 

続きを読む

Tea Cozy Rabbit

5/3 あおぞら市(祝・水)

10:00~16:00

開催場所:加古川市ウェルネスパーク

 

あおぞら市まであと2日。

先日、加古川のチャッツワースさんにチラシを置いていただきました。

CHATSWORTH

http://www.interq.or.jp/www-user/chatea/top.htm

 

JR加古川駅目の前のベルデモール商店街の中にある、とても素敵な紅茶と英国菓子のお店です。

ここまで英国現地の空気感を感じられるお店って、なかなかないんじゃないでしょうか。よく手入れされたアンティーク家具、サマープディングなどの季節の英国菓子、珍しい紅茶や英国の小物が沢山並ぶ、英国好きにはたまらない空間です。

奥様もお裁縫をされるらしく、ポットマットや、取っ手につけるポットミトンなど、ご自身で生地を選んで作っていらっしゃいます。

このお店があるから、加古川に来てよかったと思うくらい本当に素敵なので、皆さまも是非足を運んでみてください。

 

続きを読む