オーダーメイド

ベージュのティーコジーのご注文をいただき、先日お送りしたものです。

ご依頼いただき、ありがとうございました!

f:id:penglan:20171114231025j:plain

オーダーメイドのご注文も承りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ティーケーキとは?

秋真っ盛り、紅葉が美しい季節になりましたね。

食欲の秋と言いますが、今回は紅茶に合う「ティーケーキ」という食べ物をご紹介したいと思います。

 

「ティーケーキ」と聞いて想像するのは、おそらく紅茶が入ったケーキではないでしょうか。インターネットで調べてみると、なるほど紅茶を練りこんだパウンドケーキなど割と想像通りの画像が出てきます。

でも、よく見てみるとこれはケーキ?と思うような丸パンを横半分に切ったような食べ物もヒットします。

イギリスでティーケーキというと、後者のパンのようなものを指すようです。紅茶と共にサーブされるからということでしょうか。

f:id:penglan:20171114230909j:plain

上は、私がつくったティーケーキです。

作り方はパンと似ていますが、ティーケーキづくりで絶対忘れてはいけないのはスパイスです!

f:id:penglan:20171025142851j:plain

以前ウェルシュケーキのときにも使いましたが、オールスパイス・シナモン・ナツメグとスパイスを駆使してつくります。レシピによってはスパイス単品だけだったりもします。

生地にレーズンなどのドライフルーツを練りこみますが、スパイスが入っているので甘ったるくなく、おかずパンに近いです。そして何より、紅茶と合うのはこのスパイスのおかげに他なりません。

 

それから、大事なのは食べ方です。

というのも、私はイギリスのスーパーでティーケーキを買っていたのですが、買ったそのままだと、まあなんてことはないちょっと変わった風味のレーズンパンという感じでした。

でもこのティーケーキ、基本は横半分に切ってトーストしたものに、バターを塗って食べるのが一般的のようです。

f:id:penglan:20171114230937j:plain

試してみましたが、おいしい!さすが名前がティーケーキだけあって紅茶と合う!

うーん。。。スコーンもそうですが、やっぱりイギリスは食べ方にポイントがある食べ物が多い気がします。現地流で食べると抜群に美味しいのに、そのまま知らずに食べると大して美味しくないと思われてしまうのは、なんだかもったいない気がします。

 

ちなみに、UKサイトでティーケーキを少し調べてみましたが、ホテルだと朝食に、あとはサンドイッチやフライドポテトなどと一緒に街のカフェで売られていたりと、結構カジュアルな食べ物みたいですね。

実は、今回パンをつくるのが初めてでした。レシピはまた少し練習してからのせようと思いますので、気長にお待ちいただければと思います。

【出店情報】12月20日Day MARCHE in あかし市民広場

次回出店が決まりました!

Day MARCHE in あかし市民広場 

12月20日(水)10:00~18:00

f:id:penglan:20170503195738j:plain

明石駅直結の開放的な室内広場での販売です。

真冬の出店で屋内はありがたいです・・・!

詳細は追ってご案内します。

秋バラの季節になりました

播磨中央公園に行ってきました。秋バラは7分咲きくらいです。f:id:penglan:20171108152703j:plainf:id:penglan:20171108152459j:plainf:id:penglan:20171108152358j:plainf:id:penglan:20171108152441j:plainf:id:penglan:20171108152537j:plainf:id:penglan:20171108152634j:plain

シンプルなようで、繊細に作り込まれた庭園です!播磨地域での一押しスポットです。
f:id:penglan:20171108152819j:plain

11月1日は紅茶の日

今日、11月1日は「紅茶の日」です。

なぜ11月1日かというと、大黒屋光太夫という人物が日本人で初めて、海外の正式なお茶会に招かれたから日だからだそうです。

 

私が紅茶やクリームティーを好きになったのは、イギリスに語学研修に行ったときなので、もう10年前になります。

昔の写真を見てみたら、2007年9月17日に初めてのアフタヌーンティーを写した一枚がありました。実はここ、ティールーム好きの間では有名なBetty'sです!私にとっての「紅茶の日」の始まりはここからだなあ、としみじみ思います。

f:id:penglan:20171101192624j:plain

f:id:penglan:20171101192705j:plain

上が語学研修のスクールです。イングランド北部のヨークという町にあります。

f:id:penglan:20171101192915p:plain

f:id:penglan:20171101192938j:plain

ヨークの町にある食器店です。研修中に毎日通っていたので、たぶん怪しいアジア人と思われていたと思います・・・

 

ちなみに、国際的な(主に茶葉生産国の)紅茶の日「international tea day」は12月15日、イギリスの紅茶の日「national tea day」は4月21日です。

「この味がいいね」と君が言ったから7月6日はサラダ記念日。ではないですが、好きなものと出会った日というのは、思い返すと感慨深いものがありますね。

ウェンディさんのウェルシュケーキ

f:id:penglan:20171025142851j:plain

先日の台風すごかったですね。うちの地域の近くも川が増水して避難警報が出ていました・・・

 

大抵台風の予報が出ているときは、食べ物を買い込んで家にこもるのですが、先日はお菓子の材料を買い込んでひたすら作っていました。

上の写真は、英国フェアで買ったジャムについていたレシピでつくったウェルシュケーキというお菓子です。フライパンで焼ける手軽なお菓子で、ミルクティーによく合います。

オールスパイス、シナモン、ナツメグといったスパイスを使います。初めてこういったスパイスを使いましたが、封を切って香りを嗅いだ瞬間、イギリスで食べたお菓子の記憶がよみがえりました!とくに、オールスパイス

 

レシピは載せていいものかわからなかったので、後日自分流にアレンジしたものをアップできたらと思います。ネットで調べてみると、ミルクティーとの組み合わせが日本でも意外と話題?になっているようでした。食べてみたらきっと、うんうん、とうなずいてもらえると思います。

 

ちなみに家にこもっているあいだに、牛乳から自家製のクロテッドクリームをつくってみたのですが、あえなく失敗しました。うーん・・・もうちょっと研究を重ねてみます。

阪急うめだ 英国フェアレポート⑤ ラスト

ちょっと話題の旬が過ぎてしまいましたが、最後のレポートです!

f:id:penglan:20171021110408p:plain

 

2回目の英国フェアでは、2つのイベントを見ることができました。

 

まずは、英国菓子研究家の砂古珠緒さんの講演。

最後5分くらいしかお話を聞けなかったのですが、研究の一環としてイギリスの古文書を読み解いて古いレシピを再現されているとか。お菓子の名前もなかったりするので、現地の方に聞いて答え合わせをしたり・・・すごい!

ウェッジウッドとコラボレーション?したイベントだったらしく、周りにはウェッジウッドの新商品が。最初聞けなかったので、どういう経緯なのかわからずじまい。すみません。

f:id:penglan:20171017093104j:plain

f:id:penglan:20171017093044j:plain

展示されていたティーナプキンの刺繍が可愛かった!!

そして下の写真は新商品『ワンダーラスト』のカップ&ソーサー。旅をテーマにしたエキゾチックなデザインで、今出ているウェッジウッドのデザインで一番好きかもしれません。

 

 

もう一つのイベントは、英国皇室研究家のにしぐち瑞穂さんの講演。

この方は、お話がすごくおもしろかったです。写真がなくて申し訳ないですが、英国王室の写真を見ながら、なるほどそこに目をつけるのか!というプロならではの視点で解説されていて、ちょっと近くを通っただけだったのですが、引き込まれて最後まで聞いてしまいました。

印象深かった内容をいくつか・・・

 

☆ 王子お披露目のときのキャサリン妃のドレスは、赤ちゃんが女の子でも男の子でも対応できるように同じドレスを2色用意されていたそう。でも、国民から公費の無駄遣いを指摘されて、王女お披露目の際はどちらでも対応できる「イエロー」を着用。英国王室は、意外と国民の目を気にしてるんですね。

☆ ダイアナ妃のウエディングドレスは、デザイナーが馬車のサイズを計算し忘れてしわくちゃになっていた!?他にも、式直前にダイアナ妃が香水をこぼしてドレスに出来たシミを、大きなブライダルブーケで隠し通していたなど、結構ハプニングの多いウェディングだったようです。

☆ エリザベス女王の一日のお食事は、朝にストレートのアールグレイとビスケット、お昼はシリアルなどの軽い食事で、そのあとは毎日必ずフルコースのアフタヌーンティー。夜はとにかくお肉を召し上がるのが好きで、ワインが苦手な女王はシャンパンで一日を締めくくるとか。なんだか、期待を上回るイギリス女王らしい一日でした。

 

あとは、エリザベス女王のファッションなどのお話もありました。いつもとっても鮮やかなカラースーツと帽子をお召しですが、女王のファッションもまさにイギリス女王という感じで、すごく好きです。

 

 

 

というわけで、一応今年の英国フェアレポートはこれで以上です。

f:id:penglan:20171021110447j:plain

f:id:penglan:20171017093159j:plain

最後に、まだ紹介していなかったお買い物を。パートリッジのダージリンと、リントンのゴールドブレンド、ロビンのティーバッグトレイです。

紅茶は買い貯めたものがまだあるので、開封は先の楽しみにとっておきます!ロビン(こまどり)は可愛すぎてつい・・・ほそーい足が悶絶ものです。

それから、在庫切れで買えなかったベティブラウンというティーポット。いつか手に入るといいなあ。

 

たぶん、1年で1番私がしゃべるブログが終わってしまいました(笑)次からは、また普通の記事に戻りますので、今後ともよろしくお願いします。